金利を知る

安定した収入があって年齢制限もクリアしていて金融トラブルを引き起こしたり、数社からの借り入れがない場合はだいたいの金融機関での審査最低条件を満たしているのでお金を借りれる金融機関は多くありますが、借りることよりも借りたあとのことをしっかりと考える必要があります。

 

借りれる金融機関の選択肢が多い場合は特に金利が金融機関を選ぶ上でのポイントになってきますが、カードローンやキャッシングローンの場合は金利が他のローンに比べて高い場合が多く、金融機関によっても金利差は大きく異なるので事前に金利をしっかりと知った上で借り入れするようにしましょう。

 

カードローンやキャッシングサービスのローンは大体の場合が年利を日割りで計算したものであるため、お金を借り入れてから完済するまでの期間が短ければ短いほど金利に関してはあまり気にする必要はありませんが、借り入れたお金の返済が長期に渡ると予想されている場合は、金利の低いところで借り入れを検討する必要があります。

 

一般的にカードローンで借りれる金融機関としては消費者金融会社よりも銀行の方が金利が低い傾向にあり、消費者金融会社の金利平均が18%くらいであるのに対して銀行の金利が15%くらいである場合が多く両者の差は3%近くにのぼります。

 

もちろん、消費者金融会社でも銀行並みの低金利である場合や銀行でも消費者金融会社並みの高金利のところがあるので、相場を把握して返済期間と相談しながら借り入れ先を検討しましょう。