年金暮らしでも借りれる金融機関

金融機関からお金を借りる場合は当然借りたお金であって将来的に返済する必要があるお金なので、収入の無い無職の借り入れはほとんどの金融機関で不可能になっていますが、無職でも何らかの形で収入がある場合は無職でも借りれる金融機関はあります。

 

特に定年退職後の年金や配偶者を亡くしてしまったことで遺族年金を受けとっている年金受給者は半永久的に安定した収入が入ってくることになるので、意外にお金が借りれる金融機関は多くアルバイトやパートでの収入しかない無い人よりも、収入源の安定さから借り入れできる場合が多くなっています。

 

ただし、カードローンやキャッシングサービスには年齢制限が設けられている場合がほとんどで、定年退職後をしたあとの人の場合は収入的な問題はクリアしていても、年齢的な問題でクリアしていない場合があるので金融機関を選ぶ場合は注意が必要です。

 

また、借り入れできる金額もフルタイムで働いていたときに比べて大幅に下がる場合がほとんどですが、特に消費者金融会社で借り入れをする場合には賃金業法で新しく制定された総量規制の制約を受けるので、この場合年収の3分の1を超えての借り入れができないので注意する必要があります。

 

また、金融機関によっては年金受給者を対象としているカードローンなどもありますが、この場合は年齢制限が通常の金融機関に比べて高めで設定されている場合がほとんどなので、年齢的に不安がある場合はこのような金融機関のサービスを利用しましょう。