総量規制による借り入れの制限

金融機関が定める所定の審査条件をクリアすることでお金の借り入れの申し込みができるようになりますが、近年では賃金業法の改正などによって以前と比べるとお金が借りにくい環境になってきました。

 

もともとお金を必要以上に借り入れをしたり、返済ができなくなったために多重債務者が増加したことなどが総量規制がはじまった背景にはありますが、総量規制が適用されたことで多重債務者は減っている反面で、ヤミ金融などに手を出してしまう人が増えているという現状もあります。

 

総量規制がはじまってからは年収の3分の1を超えての借り入れができなくなり、他の金融機関からの借り入れがある場合の借り入れ金額も合算されるので、収入が少ないアルバイトや主婦が借り入れるには敷居が高いものになりつつありますが、総量規制を気にしないで借りれる金融機関もあります。

 

賃金業法の適法範囲は消費者金融会社や銀行系消費者金融となるので、銀行法が適用される銀行では総量規制による縛りはないので、総量規制を気にしないで借りれる金融機関は銀行となりますが、銀行はもともとの審査基準が厳しいため、総量規制が適用されなくても借りれる金額は総量規制に沿った金額くらいになるのが一般的です。

 

ですが、銀行の場合だと法律による縛りがないので返済できると銀行側から判断されると、総量規制を超えた借り入れも可能なので総量規制を超えたお金の借り入れを考えている場合は、はじめに銀行からの借り入れを検討するようにしましょう。