過去に金融トラブルを起こしている場合

金融機関からお金を借りる場合の基準として安定した収入の有無と年齢が大きな要素となってきますが、これらに並ぶぐらい大事な要素として複数の金融機関からのお金の借り入れの有無や過去に借金を返さなかったり、遅延させるなどの金融トラブルを引き起こしたことのある場合も審査に大きく影響することになります。

 

金融トラブルを1度でも起こしてしまうと信用情報機関でブラックリストとして掲載されてしまうため、与信審査の時点で審査に否決される可能性が高くなるので金融機関からのお金の借り入れは難しくなります。

 

このような金融機関トラブルを起こしてしまった以上、借りれる金融機関は無いに等しくなってしまうわけですが、ブラックリストに掲載されたからといって生涯に渡ってお金の借り入れができなくなるというわけではなくブラックリストの掲載が消えることはありませんが、金融機関によってはブラックリストに掲載されてからそれぞれの機関が定める年数を経ていたら審査の対象内としてくれる場合があります。

 

ただし、借り入れできる可能性は通常の場合と比べてかなり低くなるので、金融トラブルを起こしてしまったら借り入れができないと思っておいた方がよいでしょう。

 

また、ブラックでも借りれるという広告をよく目にしますがこれはヤミ金融によるものがほとんどなので、1度借りてしまったら借金を返すことはほぼ不可能になるため、間違ってもこのような甘い文句には手を出さないようにしましょう。